なぜオノフで染めるとキレイになるのか?

なぜ?オノフで染めるとキレイになるのか? 良く質問されることがあります。

 

すこし専門的な話になりますが、 カラーリングの基礎として知っていると

ご自身の髪がキレイになるヒントになると思います。

 

 

なぜオノフで染めるとキレイになるのか?

それは、

どうして髪は傷むのか、髪はどうやって染まるのか、という

基本的な毛髪化学に基づいたオノフの独自の手法があるからです。

 

オノフのカラーエステはお客様の髪の状態に合わせて

色んな施術方法があります。

ここでは一般的なカラーと比較しやすいモノで説明しますね。

 

まず初めに、トリートメントについてのお話しです。

一般的な多くの美容室では、 カラーの後にトリートメントをつけますね。

…オノフは違います。

『一般的な美容室とは全く逆といっても過言ではないでしょう』

オノフの考え方の基本には『ダメージ予防』があります。

ダメージ予防とは、カラーの後からトリートメントしたのでは 既にカラーによるダメージを受けている為、そもそも手遅れである! と言う考え方です。

だからこそ、傷んでからのトリートメントではなく カラーで傷む前に、出来る限りそのダメージを 低減した方が良いということです。

では次に、髪はどのようにして染まっていくのかを考えた時、

施術の答えは見えてきます。

 

ヘアカラーは、アルカリ剤が髪のキューティクルを開いて染料が内部に入り、

同時に髪内部のメラニン色素を分解します。

髪の内部に入った染料は、酸化作用によって発色して

ふくらみ、染料が外にでないようにして髪に色がつくのです。

 

  • オノフにある代表的なカラー剤でのプロセスをご説明

オノフでのプロセスを以下で説明いたしますね。

① カラーをする際に一番大事なことは毛髪内部の 水分を限りなく健康毛の状態に近づける事です。

そして、下記画像の強アルカリ性液状化ミネラルイオン水を使って 大量のイオンを毛髪に補いながら、同時に大量の水分を 毛髪内部へ補充します。

そうする事で、髪のカラー剤に対する耐薬品能力が 飛躍的に向上します。

また強力なマイナスイオンが 毛髪内部へ電位移動することで強烈な還元作用を起こします。

染める前にこれだけのダメージ予防を行う事で、 一般的なカラーを普通に染めた場合と比較して 5~6分の1までダメージを低減する事が可能となりました。

一般的なサロンカラーや市販のカラーで染めた場合 一回当たりのカラーダメージの目安として約30%前後の 損傷が発生します。

これに対して、ダメージ予防を施した髪にリタッチ等で 最小限度のカラー剤を塗布した場合のダメージは 5~6%程度。

超低ダメージでカラーが出来ることになります。

さらに、オノフではそもそもカラー剤に含まれるアルカリを 限界まで減らしております。

 

② 伸びた分だけの最小限度の部分に カラー剤を塗布します。

意味なく毛先まで決して染めてはいけません。

ファッションカラーには白髪染めであっても 必ずブリーチ剤が含まれていますから もし、毛先まで染めると毎回ブリーチ剤や アルカリによるダメージが重複することになります。

例えば、通常これを4回程度繰り返しますと・・・

未来の髪は切るしかなくなる可能性大です。

-30%+-30%+-30%+-30%=-120%の累積ダメージ

髪の体力は100%しかありませんから

100%-120%=-20%

いつでも髪が傷んでいる状況というわけです。

つまり、髪体力はマイナスとなり やがてデザインを保つことが出来ない ハイダメージヘアの出来上がりとなります。

皆様ご注意を!

 

お洒落染めリタッチ

 

お洒落染めリタッチ

 

③ 放置時間が終わりカラー剤を洗い流すのですが、 オノフのハイグレードなカラーエステは違います。

カラー剤を流す前に、

頭皮や毛髪に悪影響を及ぼすアルカリ剤や過酸化水素を

分解することが出来る成分をたっぷりと付けていきます。

付けていくとブワーと発砲していきます、これが分解している証拠です。

酸素と水に分解しながら、酸素と共に毛髪内部に 残留してはいけないカラー剤の中に入っている物質を 浮き上がらせて除去していきます。

アルカリ物質及び過酸化水素除去中↓

 

恐ろしいことに、一般的な美容室ではこの分解除去の工程が無い為に 長期間毛髪内部にカラー剤が残留してしまいます。

しかも 最悪な場合はこの上からサロン専用の強力トリートメント等で 包み込んでふたをしてしまう場合もございます( ゚Д゚)

そんな事をしてしまうと、中に残留しているアルカリ物質等の 悪影響で髪の中が酸化してしまい、やがてボロボロの髪に なってしまうと言う流れが、現在の一般的なセルフおよび美容室カラーです。

④ 様々な事情で毛先まで染めなければ ならない場合は特にケアーが重要です。

毛先まで染めた場合はさらに大量の分解する成分を 惜しみなく使用して

徹底的に毛髪内部のカラー剤を取り除きます。

 

⑤ここまでに髪や頭皮に悪影響を及ぼす物質は除去できました。

シャンプーはご存知の通り、

こだわりすぎて作ってしまいましたオノフのシャンプーを使用し

シャンプーをします。

(このシャンプー剤にもトリートメント効果がありますがここでは割愛します)

 

 

⑥そしてここも毛髪化学に沿って考えた工程です。

ここまでの工程で悪影響を及ぼす残留物質は取り除けましたが、

髪のPH(ペーハー)はまだアルカリに傾いています。

これを髪も頭皮も健康な状態の弱酸性に戻していきます。

一気に戻すのではなく、時間をかけて徐々に弱酸性にしていきます。

 

〈まとめ〉

1.オノフのカラーはカラー剤に対して傷みにくい髪の状態を作ってから施術します。

2.髪や頭皮に対して悪影響を及ぼすカラーの残留物質を徹底的に除去します。

3.髪や頭皮が健康状態のPH(ペーハー)値に戻します。

 

一般的な美容室と比較して 材料にかかる経費は恐らく3~5倍はかかっていると思います。

本来は一般的な美容室より3~5倍も価値のあるカラーと言う事になります。

それでも3~5倍の料金はいただきません。

ここまで髪や頭皮に気を配ったカラーをする事で、1年後、3年後、 5年後、10年後、20年後の髪もキレイにする事が出来るんです。

オノフは貴方の未来の髪や頭皮のことまで考えます。

だから美意識の高い方や

本当に髪の事を考えている方に選ばれているのだと思います。

 

ここからの画像は定期的に 長年オノフのカラーをしているお客様の画像です。 何百枚もの画像を掲載するわけには参りませんので 直近に撮影されたお客様をピックアップして 掲載しています。

特別な撮影ではなく自然光でスマホで撮っている写真です。